採用チームとは「攻め」の採用を目指し、各事業部・グループ会社に合わせて採用を行なっております。
現代の採用はPULLではなくPUSHが必要とされております。
人事部ではなく、採用チームとして学生とタッグを組み、心からCALL FORCEという環境を求める人材に出会う事を目的として各場所へ足を運びアクションを行なっております。

石井 宏樹
齋藤 七海

Q.コールフォースを希望した理由は?
齋藤 七海

友達の紹介をきっかけにアルバイトとして入社をした事がきっかけです。
この会社でもっと裁量を持ち、何かを変えられる存在になりたいと思った事が社員になる事を決めたきっかけです。

石井 宏樹

僕は一度きりの人生勝てるビジョンが湧いたからですね。
今まで見てきた企業で「全身全霊、全力疾走」という言葉がここまでよく似合う会社は他になかったですからね。

Q.入社してから感じるコールフォースの魅力は?
齋藤 七海

高卒である私に採用という大仕事を任せてくれる。こんな会社は絶対ない。
そんなチャレンジ精神がとにかく信頼に答えたいという気持ちを燃焼させてくれます。

石井 宏樹

常に全力!誰もが仕事に対し向き合っている環境。
うまくいかない時にチームとしての本質が見えますが、この会社はうまくいかない時程いいチームになる社風です。
こんな会社は他にはないと思う。

齋藤 七海

まさに星野社長が会社のテーマに掲げている「唯一無二」ですね!

石井 宏樹

そうそう。
他社には真似できないようなことをこれからもやっていきたいですね。

Q.入社して一番大変だったことは?
齋藤 七海

人を動かすという事がなかなか出来ずに悩んだ事です。人に何かを任せ、新しい何かを欲するというマインドに自身を切り替える事が出来ず、常に自分との戦いでした。

石井 宏樹

自分のチームの努力に比例して成果がついてこない時は大変でした。
努力しても必ず成果が上がるとは限らない、努力=成果ではないのが社会です。
そんな時こそみんなで協力する、でも成果が出ない。
大きな挫折だったけど今思えばとても良い経験でした。

Q.入社して一番嬉しかったことは?
齋藤 七海

自身が教えたアルバイトが育ち、人を教育している姿を見る事が出来た瞬間です。
人に教育をする。
私は人に何かを伝えるという事に自身がなく、ネガティブ思考でした。
これを変えてくれたのは自身ではなく、教育してくれた上司・付いてきてくれたアルバイトスタッフだと思っています。
だからこそ、アルバイトスタッフが育った瞬間は私の一番の喜びでした。

石井 宏樹

なにもなかった自分が成果上げることができて、部下を持ち、役職が上がり、回りから必要とされていると感じた時はうれしかったです。
仕事は全力でやっていけば、必ずしっかり返ってくるという事をみんなに知って欲しいです。

齋藤 七海

私も石井さんに厳しく指導していただいたお陰で、今の自分があります!
全力で褒められることもあるし、真剣に怒られることもあります。
その時のことが今の糧になっているのは間違いないです。
何回か泣かされましたけど。。。(笑)

石井 宏樹

(笑)
コールフォースは、一人一人と真剣に向き合い、いい意味で全力でぶつかり合うことができる会社です。

Q.これから取り組んで行きたいことは?
齋藤 七海

全ての部署において満足のいく会社創り、全社員が心から入ってよかったと思える環境作り。
ここの原点は全て採用だと思っています。
だからこそ、積極的に人に出会い、そして「CALL FORCEを知れないが故に出会えない人」にもっともっと出会っていきたいと思っています。

石井 宏樹

コールフォース からだけではなく、社会から必要とされる人間になる事です。
先進国に生まれたからには社会に良い影響を及ぼして行く事が使命だと思うので自己成長していきたいですね。

Q.学生(求職者)へメッセージを!
齋藤 七海

就職活動を行う上では、「どんな事をするのか?」ではなく「誰と働くのか。」「どんな環境で働くのか。」自身がどうなりたいかに合わせて『変わらないもの』にフォーカスして就活をしていく事が今後の就活において大切になってくると思います。 是非、『楽しい就活』をして下さい!たったそれだけです!

石井 宏樹

つらい時こそ、諦めずに頑張る!